ゲーム大好きWEBデザイナーの雑記ブログ

商品レビュー

「HUAWEI Watch GT2e」がコスパ最強のスマートウォッチだった件【レビュー】

投稿日:

HUAWEIのスマートウォッチ「HUAWEI Watch GT2e」を購入しました。

中華製ということで、ぶっちゃけ良いイメージはなかったんですが、評価が良かったので思い切って購入。

 

うん、やはり丸いほうがカッコイイですね。

Apple Watchのような四角形は…別にダサいとは思いませんが、どうにも好きになれないので。

1ヶ月ほど使ってみましたが……

素晴らしいの一言

今まで使っていた安物スマートウォッチがゴミに思えるレベル。

1万円超えの本格スマートウォッチは他にもありますが、Androidなら「HUAWEI Watch GT2e」が最強だと思ってます。

HUAWEI Watch GT2eの良いところ

圧倒的なバッテリー容量

GTシリーズ最大のメリットである、バッテリー容量。

公式ではなんと最大2週間充電せずに使えると公言しています……ホンマかいな。

はたしてGT2eのバッテリーはどれくらい長持ちするのか、実際に試してみました。

 

〜約2週間後〜

 

ホンマや…。

とはいえ、流石に14日ピッタリではなく、普通に使用すれば10日〜11日くらいでした。(それでも凄い)

本気で14日連続で使おうと思えば、音楽を封印して画面をなるべく見ないようにすればイケる気がしますが…現実的ではない(笑)

ちなみに、使い方はこんな感じでした↓

  • 心拍数・ストレス・睡眠測定は常時ON
  • 通知の振動ON
  • 音楽は毎日3時間くらい聴く
  • 毎日ルームランナーで30〜60分歩く
  • GPSはほぼ使わない

心拍数・ストレスチェックを常時ONにしていますが、便利ですね。

ネットでの評判を見てみると、どうやら「屋外ランニング」などでGPSがをガンガン使うと減りが早いようですね。

ただ、それでも1週間くらいは持つらしいので、やはりバッテリー容量はこいつがナンバーワン。

正直、GT2eユーザーは「毎日充電が必要なApple Watchって、もはやギャグでしょ?」と思っているはず。

バッテリー容量に関しては、完全にGT2シリーズが王者です。

音楽再生機能

GT2eは本体にスピーカーが存在しないので、Bluetooth経由で音楽を再生します。

AirPods Proを使っていますが、ペアリングが簡単&爆速です。

音楽の再生方法は2種類あります。

  • スマホの音楽を再生
  • スマートウォッチ本体にダウンロードした音楽を再生

スマホの音楽を再生する機能は、格安スマートウォッチでも備えている場合が多いですね。

GT2eが便利なのはやはり、スマートウォッチ本体のみで音楽が再生できることでしょう。

スマートウォッチに音楽を追加する方法は、アプリから追加したい音楽を選択するだけ。

スマホに保存されているMP3ファイルが、Bluetooth経由でスマートウォッチに転送されます。

参考までに、GT2eのスマートウォッチ本体の画面で出来ること↓

  • 再生・停止
  • 次の曲・前の曲へ移動
  • 音量調整
  • ループ再生
  • 1曲だけループ再生
  • シャッフル再生

ほぼ完璧なんですが、あえて出来ないことを言うなら「曲の早送り・巻き戻し」くらいでしょうか。

音楽再生に関しては文句なしです。

睡眠記録

睡眠トラッキング機能…びっくりするくらい正確です。

目標の睡眠時間が8時間で固定なのは気になりますが、

深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠の3段階で測定してくれます。

更には睡眠のアドバイスまでしれくれます。

 

毎日計測していますが、信頼性はかなり高いです。

ところで、充電のために寝る前にやむなくスマートウォッチを外した経験はありませんか?

しかし、HUAWEI Watch GT2eならその心配は不要!

HUAWEI Watch GT2eのバッテリー容量が、ここで活きてきます。

たった2時間でフル充電ができるので、ちょっと風呂に入っている間に充電するだけでも、軽く3日は使えるほど。

「寝る前に充電しなきゃ…」ということはまず起こらないので、

しっかりと睡眠の記録を習慣化できます。

運動記録

ウォーキング・ランニングはもちろん、様々な種目があります。

なんと自宅で出来るステッパーまであって、引きこもりには嬉しい。

外出自粛の影響で、自宅でトレーニングしている人には嬉しい機能。

コロナの影響でテレワークが増えているので、スマートウォッチの需要も高くなっていますね。

自分で目標を設定でき、運動記録はスマホアプリにすべて保存されます。

HUAWEI Watch GT2eの悪いところ

通知の振動が弱い

振動が「強い・弱い・なし」を選べて、「強い」に設定していますが…

ランニング中だと気づきづらいです。

振動が本当に一瞬だけなので、車の運転中にガタガタの道を走って体が揺れている時も気づけませんでした。

せめて1秒くらいは振動してほしいのですが…。(電話の場合はちゃんと継続して振動します)

座っている時や、普通に歩いている時は問題ありませんが、激しめの運動をする人は注意です。

幸い、スマートウォッチに通知履歴が残るという嬉しい機能があるので、手軽にチェックできます。

iOSでは一部機能が制限される

僕はiPhoneを持っていないので分かりませんが、

どうやらアプリから文字盤のダウンロードができないようです。

Androidでは多種多様の文字盤があるのに、iPhoneでは一部の文字盤しか使えません。

これは…なかなか致命的な気がする……。

もちろん、その他の機能や圧倒的バッテリーは魅力的ですが、

iPhoneユーザーは購入前によく考えたほうが良いかもしれません。

HUAWEI Watch GT Proと比較してどうなの?

「上位モデルのGT2のProとどっちが買い?」という疑問に対しては、

自分にあったほうを選びましょう。

…と言いたいところですが、ほとんどの人にはGT2eがオススメです。

GT2eと比較したProの主な特徴

  • 通話機能あり
  • 本体にスピーカーあり
  • Qiワイヤレス充電
  • 見た目に高級感がある(スーツに合う)
  • GT2eより若干重い

他にも細かい点はあれど、大きく違うのは見た目・通話機能でしょうか。

本体スピーカーに関しては、仕事中にイヤホンを忘れて「あっ」という事故が起こるので、個人的にはデメリットです(笑)

値段の差を考慮すると……通話機能が必要ないならGT2eでいいかなと思っています。

僕は通話機能が不要だったので、コスパ重視でGT2eのスマートウォッチ一択でした。

個人的な感想ですが、GT2eはカジュアルなファッションにマッチするのに対し、GTProはビジネスシーンにマッチする印象です。

GT2eの見た目も決して安っぽくないですが…「腕時計」にこだわりがあるならProはアリです。

もしも予算に余裕があるのなら、Proを選んでおけば後悔はしません。

まとめ

 

とても完成されたスマートウォッチで、コスパ最強と言っても過言ではないです。

特にAndroidユーザーには迷うことなくHUAWEI Watch GT2eをオススメしたい。

今まで安物のおもちゃみたいなスマートウォッチで満足していましたが、やはり本物はレベルが違う。

Amazonで安物がズラーっと並んでいますが、ぶっちゃけ何使っても同じですからね…。

Amazonで売っている3980円の安物のスマートウォッチで悩んでいるアナタにオススメです。







この記事をシェアする

関連記事

簡単に高さ調整できるスタンディングデスクを買ってみた

デスクワークの天敵「運動不足」 座りっぱなしはカラダに悪影響しかないうえに、死亡リスクまで上がってしまいます。 僕は仕事でも家でも椅子に座る時間が長く、これはヤバいと思いスタンディングデスクを購入しま …

安くてコスパの良いスマートウォッチ買ってみた【レビュー】

サラリーマンのみなさん、腕時計はつけてますか? 最近はスマホがあるので、時間確認するだけなら不要だという人も増えてきています。 僕も仕事中はデスクワークが大半で、あまり腕時計の必要性を感じなかったんで …

音ゲーで指が追いつかないのでハンドトレーナーで鍛えてみた結果…

最近、音ゲーをやっていると、マジで指が追いつかないことが増えてきました。 歳を取るにつれ、昔はできた曲でも思ったように指が動かないことも…。 楽器の演奏で、指の力を鍛えると上手に引けるようになる、と言 …

【神コスパ】DMMの卓上昇降デスクをレビュー

テレワークで自宅作業しているけど、腰が痛い!立って作業したい! という人におすすめなのがスタンディングデスク。 立って仕事をすれば脳や健康にも良いと言われています。 個人的にも、立って仕事をしたほうが …

iPad Pro(11インチ) で純正に匹敵するおすすめのケースを紹介

iPad Proの11インチのケースはずっと純正のSmart Keyboardを使っていました。 …が、やっぱりSmart Keyboardは重い! そしてカバー部分は当然キーボードになっていて折り目 …


コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA