ゲームやWEB関係がメイン。まとまりのない雑記ブログ

WEB関係

WordPressでユーザーを一括登録する「Import Users from CSV」の使い方

更新日:

WordPressを複数のユーザーで管理したい時、1人ずつ登録するのは大変だと思います。

そんな時はWordPressのプラグイン「Import Users from CSV」を使って効率化しましょう。

管理画面の「プラグイン」→「新規追加」から「Import Users from CSV」で検索すると出てくると思いますのでインストール後、有効化してください。

Import Users from CSVの使い方

まずはエクセルなどでCSVファイルを作成

一番上の行に入力する項目は基本的に下記と同じで大丈夫です。

user_login(ユーザー名)
user_email(メールアドレス)
user_pass(パスワード)
first_name(名)
last_name(姓)
display_name(WordPress上での表示名)
role(ユーザーの権限)

ユーザーの権限一覧

【administrator(管理者)、editor(編集者)、author(投稿者)、contributor(寄稿者)】

2行目からは追加したいユーザーの数だけユーザー名やパスワードを入力していきましょう。

CSVが完成したら管理画面からアップロード

「ユーザー」→「Import from CSV」で開く。

「CSV file」からアップロードできます。
「ファイルを選択」をクリック、または「ファイルを選択」のエリアにファイルをドラッグ&ドロップでアップロード。

「Notification」は登録ユーザーのメールアドレスに通知「Password nag」はパスワード変更のメッセージがてきます。基本チェックは入れなくていいと思います。

「Users update」にチェックを入れると同名ユーザーが存在する場合に上書き登録されます。同名ユーザーがいる場合はここにチェックを入れておかないとエラーになります(結構忘れがち)。

最後に「Import」ボタンを押して登録完了です。

文字コードに注意

インポートしたのに反映されてない!エラーがでる!という場合は文字コードが原因の可能性が高いです。

文字コードはUTF-8にしておないと上手く反映されないので、CSVファイルを保存するときに文字コードがUTF-8になっているか確認しておきましょう。

管理ユーザー数が多いサイトは使い道あり

50人以上のエンドユーザーがログインするWordPressサイトを依頼され、このプラグインで対応しました。

しかも一定期間毎にログインするユーザーが変わるので、パスワードをリセットする必要がありました。

ユーザー1人ずつパスワード変更なんてめんどくさいし、管理が大変でミスも怖い。

「Import Users from CSV」なら自動生成したパスワードをCSVに貼り付けてアップロードするだけなので楽チンでした。

絶対に手動ではやりたくない作業です(´・ω・`)

インポートする前は念のため、WordPressのバックアップをとっておくと安心です。







関連記事

WordPressの記事複製プラグイン「Duplicate Post」が便利すぎた。

仕事でWordPressを使っていると更新作業の時、全く同じ記事を複製する場面があります。 WordPressでWEB制作している人なら恐らく経験があるんじゃないかと思います。 わざわざ新規ページを作 …

Atomのactivate power modeを使ってドヤる

Webデザイナーがコーディングするためには欠かせないエディタ。 同じ社内でも人によって使っているエディタが全然違う場合もあるでしょう。 社員A コーディングするならやはりDreamweaverです。 …

Advanced Custom Fieldsの設定が保存されない時の対処法

お手軽にカスタムフィールドを作成できるWordPressプラグイン「Advanced Custom Fields」 いつも通りフィールドを追加して保存したはずなのに、何故か追加したフィールドが反映され …

勉強せずにWebアナリスト検定に挑んだら難易度がヤバすぎた件

つい最近、「Webアナリスト検定」という試験を受けてきました。 いまさら資格なんていらないだろ…と思いつつも、会社から「金は出すから受けてこい」と言われたのでやむなし。 「Webアナリスト検定」とは、 …

クリック率をアップさせるボタンはHTML+CSSだけで超簡単に作れます

Webサイトを作る時、ボタンのデザインは意外と重要です。 ボタンのデザイン次第でクリック率が変わってしまうのは、実際に身をもって体験しています。 ちょっと前まではPhotoshopでボタンを作ることが …

この記事をシェアする