ゲーム大好きWEBデザイナーの雑記ブログ

WEB関係

ロリポップのハイスピードプランがコスパ最高すぎる件

更新日:

ロリポップのハイスピードプランがコスパ最高に

ロリポップがハイスピードプランを半額にする(月額500円〜)という暴挙に出ました。

元の値段は月額1000円〜なので、かなり大きな価格改定です。

コスパ重視で比較するなら、僕はロリポップさくらのレンタルサーバーのスタンダードプランをオススメしていたんですが…

今回の改定によって、僕がおすすめするレンタルサーバーは「ロリポップのハイスピードプラン」一択になりました!

ブログを始めたい初心者はとりあえずロリポップのハイスピードプランを選べばOK。

 

スタンダードプランよりも圧倒的に高性能にも関わらず、”月額はスタンダードプラン同じ”というヤバいやつです。

【追記】さらに2020/12/10までに新規お申込みで、実質1年分が無料で使えるように…!

ロリポップよ…やってくれたな!

ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

ハイスピードプランを選ぶメリット

コスパ最強

まず、改定前と改定後の値段の比較がこちら。

改定前 改定後
初期費用 3000円 0円
月額費用 1000円〜 500円〜

※月額費用は36ヶ月契約の場合です。

初期費用が0円になり、月額費用にいたってはなんと半額に。

思わず「(゚Д゚)ハァ?」と言いたくなるレベルの改定ですが、現実です。

もちろん、値段が安くなってもハイスピードプランの性能は一切落ちていません。

公式サイトから抜粋

「サイト速度が速いサーバーを使いたいけど、お金がない…」という人には、まさに救世主。

WordPressでコーポレートサイトの作成はもちろん、ブログを開設したい人にもおすすめです。

月額500円〜で超高速サーバーを使用できるのは破格すぎます。

やはり改定前の値段では不人気だったんですかね…?

たしかに、月額1000円なら他にも良いサーバーはありますからねぇ。

改定前から使ってた人
今までずっとハイスピードプランを月額1000円で契約していた僕は、なんだか損した気分だよ!

スタンダードプランとの比較

スタンダードプランとハイスピードプランの性能比較の抜粋です。

スタンダードプラン ハイスピードプラン
初期費用 1500円 0円
月額費用 500円〜 500円〜
ディスク容量 150GB 250GB
転送量 150GB/日
(さらにアップ)
180GB/日
200GB/日
(さらにアップ)
230GB/日
独自ドメイン 200 無制限
PHP(CGI版) ×
PHP(モジュール版) ×
PHP(LiteSpeed版) ×
MySQL5(データベース) 50 無制限
自動バックアップ 無料(復元は有料)

※月額費用は36ヶ月契約の場合です。

上の比較表はメジャーな項目を抜粋したものなので、全ての性能を見たい人はロリポップの公式サイトで確認してください。

ほぼ全てにおいて、スタンダードプランよりも優れているのがハイスピードプランです。

特に、バックアップの有無と転送量あたりは重要ですね。

転送量が多ければ多いほど、サイトにアクセスが集中しても不安定になりにくいメリットがあります。

PHP(LiteSpeed版)が使えるのもかなりのメリット。

↑超簡単に言うと、CGI版・モジュール版よりも、LiteSpeed版のほうが高速なのです。

 

そして、本当にヤバいのはハイスピードプランの値段………

なんと初期費用+月額費用の合計が、性能が劣るスタンダードプランよりも安い!!

ロ、ロリポップさん…頭がおかしくなったんですか?

つまり、ロリポップのレンタルサーバーを契約するなら……

どう考えてもハイスピードプラン一択!

企業サイトでも個人ブログでも関係なし。

「転送量とかよく分からないよ…」という初心者さんには、

「とりあえずロリポップのハイスピードプランを選べばOK」

と、言い切ってしまっていいレベル。

僕の会社でも、さっそく乗り換えの話が出ているほど…。

マジでハイスピードプランを選ぶメリットしかないです。

ロリポップ!ハイスピードプランの詳細を見る

ロリポップ ハイスピードプランのデメリット

デメリット…というよりは注意点です。

月額500円でハイスピードプランが使用できるのは、36ヶ月契約した場合のみ。

ここは間違えないようにしてください。

1年契約や半年契約の場合、スタンダードプランのほうが安くなります。

ハイスピードプランのコスパが最強なのは、あくまで36ヶ月契約をした場合のみです。

とりあえず半年だけレンタルサーバーを使いたい!という人にはおすすめできません。

まとめ:ロリポップの時代がきたのか…?

以下に当てはまる人におすすめです。

  • 安いレンタルサーバーを使いたい
  • アクセス数の多いサイトを運営したい
  • ワードプレスを高速で表示させたい
  • 最低3年はサイトを運営する予定がある

いや~何もかも揃ってるという感じですね。

1000円だと正直微妙に思えましたが、500円となると話は別。

一気に最強コスパのレンタルサーバーとして君臨しました。

ロリポップ…やってくれたな!(2回目)

しかし、ここまでやられると他のレンタルサーバーも黙っていない気がしますね。

戦いが始まりそうな予感…(笑)

今の現状だと、個人的にはマジでロリポップのハイスピードプラン一択。

特別なこだわりが無ければ、ロリポップを選ぶべきだと思います。

ロリポップ!ハイスピードプランの詳細を見る







この記事をシェアする

関連記事

Atomのactivate power modeを使ってドヤる

Webデザイナーがコーディングするためには欠かせないエディタ。 同じ社内でも人によって使っているエディタが全然違う場合もあるでしょう。 社員A コーディングするならやはりDreamweaverです。 …

クリック率をアップさせるボタンはHTML+CSSだけで超簡単に作れます

Webサイトを作る時、ボタンのデザインは意外と重要です。 ボタンのデザイン次第でクリック率が変わってしまうのは、実際に身をもって体験しています。 ちょっと前まではPhotoshopでボタンを作ることが …

iPad版のPhotoshopが使いにくすぎて絶望した!「WEBデザイン無理です」

どうも、WEBデザイナー(笑)のERAです。 最近はPHPのプログラミングがメインですが、WEBデザインもひっそりと続けております。 iPad Proを持っているので、「せっかくならiPadでPSDデ …

有料SSLと無料SSLの違いが少ないのでLet’s Encryptに乗り換えた話

最近は当たり前になってきているWEBサイトの常時SSL化。 今まで会社で作ったWEBサイトは「ラピッドSSL」を導入するサイトがほとんどでした。 だけど無料のLet’s Encryptが最 …

WordPressの記事複製プラグイン「Duplicate Post」が便利すぎた。

仕事でWordPressを使っていると更新作業の時、全く同じ記事を複製する場面があります。 WordPressでWEB制作している人なら恐らく経験があるんじゃないかと思います。 わざわざ新規ページを作 …


コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA