ゲーム大好きWEBデザイナーの雑記ブログ

WEB関係

【PHP】日付比較で期間を指定して条件分岐してみる

投稿日:

日付での条件分岐はよく使うんですが、期間を指定しての分岐は普通にWEBサイト作ってたら滅多に使いません。

というより、今日とある制作案件で初めて使いました(笑)

非常に簡単なんですが、今後コピペで使えそうなので、メモとして残しておきます。

比較演算子で条件分岐

やりたいこととしては、状態を「受付前」「受付中」「受付終了」の3パターンで条件分岐すること。

$today = date("Y/m/d"); //今日の日付
$start = "2019/04/01"; //開始日
$end = "2019/04/30"; //終了日

if(strtotime($today) < strtotime($start)){
echo "まだ受付前です…";
}else if(strtotime($today) >= strtotime($start) && strtotime($end) >= strtotime($today)){
echo "現在受付中です!";
}else if(strtotime($today) > strtotime($end)){
echo "受付終了しました";
}

こんな感じの超単純な比較で、ページにアクセスした日付によって文言を変更できます。

ちなみに僕が実際にやったのは、クライアントがWordPressのカスタムフィールドに入力した開始日・終了日を元に分岐するというもの。

上のコードだと毎回開始日と終了日が完全に固定されてしまいますが、カスタムフィールドの値で変動するようにすれば、かなり実用的な機能になります。

例えば「Advanced Custom Fields」を使ったカスタムフィールドの場合

$start = “2019/04/01”; → $start = get_field(“フィールド名”);

のように、開始日の値を$startに、終了日の値を$endに設定すればOKです。

ただ、date関数でdate(“Y/m/d”)としているにも関わらず、カスタムフィールドでの出力が「2019-04-01」だったら残念ながら動きません。

その場合はカスタムフィールドの出力を「2019/04/01」にするために「-」を「/」に書き換えます。

str_replaceを使えば出来ますね。

$start = “2019-04-01”;

$start = str_replace(‘-‘, ‘/’, $start);

これでカスタムフィールドの出力が「2019/04/01」になるので、正常に動きます。

はい、超力技です。

WEBサイトでちょっと日付で分岐をしたいだけならきっと問題ない(・∀・;)







この記事をシェアする

関連記事

Advanced Custom Fieldsの設定が保存されない時の対処法

お手軽にカスタムフィールドを作成できるWordPressプラグイン「Advanced Custom Fields」 いつも通りフィールドを追加して保存したはずなのに、何故か追加したフィールドが反映され …

WordPressでユーザーを一括登録する「Import Users from CSV」の使い方

WordPressを複数のユーザーで管理したい時、1人ずつ登録するのは大変だと思います。 そんな時はWordPressのプラグイン「Import Users from CSV」を使って効率化しましょう …

クリック率をアップさせるボタンはHTML+CSSだけで超簡単に作れます

Webサイトを作る時、ボタンのデザインは意外と重要です。 ボタンのデザイン次第でクリック率が変わってしまうのは、実際に身をもって体験しています。 ちょっと前まではPhotoshopでボタンを作ることが …

PDFのパスワード解除方法が簡単すぎた

クライアントから頂いたPDFデータにパスワードがかかっていたときの話。 仕事で、別の制作会社が作成したPDFをもらう時がたまにあります。 PDFにロックをかけて、データの編集や抜き取りを防ぐんですが、 …

Dreamweaver CCのCSSクイック編集が便利すぎた件

最近、以前Dreamweaverで作成した静的なHTMLのサイトを更新する機会があったので久々にDreamweaverを使いました。 Adobeに登録しているのでバージョンはDreamweaver C …


コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA