ゲーム大好きWEBデザイナーの雑記ブログ

WEB関係

簡単にサイトマップを作れる「PS Auto Sitemap」の使い方

更新日:

サイトマップを自動生成してくれるWordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」。

一度設定すればあとは自動で記事を追加してくれるので、初心者だけでなく、WEB制作者もよく使っているプラグインです。

このブログでも実装してみたので紹介します。

PS Auto Sitemapの設定方法

プラグイン自体は、WordPressのプラグイン新規追加から「PS Auto Sitemap」で検索すれば出てきますのでインストール、有効化してください。

①サイトマップを表示する記事を作成

サイトマップを表示するにはサイトマップを表示するためのページとIDが必要です。
まずは固定ページに「サイトマップ」という空っぽの記事を作成。(名前はなんでもいいですが)
「サイトマップ」ページ編集画面のURLに数字が表示されているので、コピーしておきましょう。

URLに表示される数字の部分をコピーしておく
/wp-admin/post.php?post=114514&action=edit

②プラグインの設定

「設定」→「PS Auto Sitemap」

先ほど保存した数字をサイトマップを表示する記事の欄にペースト。

除外カテゴリ除外記事の欄にIDを入力すれば、サイトマップには表示さたくないカテゴリや記事も設定できます。

設定が完了したら変更を保存してください。

最後に下記のコードを記事に貼り付ける必要がありますので、コピーしておきましょう。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

設定画面の一番下にあります。

③記事にコードを貼り付けて完了

コピーしたコードを記事に貼り付けて完了です。実際に表示されているか確認しましょう。

注意点として、ビジュアルモードで貼り付けても表示されないので、HTMLモードで貼り付けて下さい。

「ビジュアル」ではなく右の「テキスト」タブに変更してから貼り付け。

普段からずっとビジュアルエディターを使っている初心者がやりがちなミスです。

④サイトマップのデザイン変更

設定画面の「スタイル変更」からサイトマップの見た目を変更できます。

例えばうちのサイトだとこんな感じでシンプルにしています。
サイトマップ

色々なデザインから選べるので、サイトに合ったデザインにしましょう。

基本的にあまり見られるページではないので、個人的にはシンプルでいいと思いますが。

まとめ

最初の設定さえ出来れば、あとは勝手に書いた記事をどんどん自動で追加してくれるので、自分で追加する必要はありません。

企業やお店のWEBサイトには、サイトマップを作ることでユーザーの利便性の向上を図れます。
個人ブログとかだと正直微妙かもしれませんが…
SEOにも効果がある…かもしれないし、ないかもしれない(;・∀・)

個人的にはあまりサイトマップは見ない派なんですが、サイトマップが無いよりはあったほうがいいので、サイトを作ったらとりあえず作成しておきましょう。







この記事をシェアする

関連記事

PDFのパスワード解除方法が簡単すぎた

クライアントから頂いたPDFデータにパスワードがかかっていたときの話。 仕事で、別の制作会社が作成したPDFをもらう時がたまにあります。 PDFにロックをかけて、データの編集や抜き取りを防ぐんですが、 …

WordPressに動画を直接アップロードするのは危ない

WordPressの「メディアの追加」からは画像だけでなく、動画をアップロードして記事に動画を挿入することもできます。 でも、余程の理由がない限りはWordPressに動画をアップロードするのはやめた …

勉強せずにWebアナリスト検定に挑んだら難易度がヤバすぎた件

つい最近、「Webアナリスト検定」という試験を受けてきました。 いまさら資格なんていらないだろ…と思いつつも、会社から「金は出すから受けてこい」と言われたのでやむなし。 「Webアナリスト検定」とは、 …

【2020年】ロリポップと比較してさくらのレンタルサーバが1歩リードか

※【2020年8月追記】ロリポップがリードしちゃいました 流れが変わりました。こちらを見たほうがいいかもしれません ERA BLOG個人向けレンタルサーバーはロリポップがコスパ最高すぎる件https: …

WordPressで勝手に設定されるロゴのファビコンを消す方法

WordPressの最新バージョンをインストールすると、勝手にWordPressのロゴがファビコンに表示されるようになりました。 ↓こんな感じです…。   勝手にファビってんじゃねぇよ…。 …


コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA