ゲームやWEB関係がメイン。まとまりのない雑記ブログ

WEB関係

WordPressにログインせずに記事を投稿する方法

更新日:

クライアントから「WordPressにログインしてない人も記事を投稿できるようにしてよ」と言われました。

今までそんな事はやったことなかったのですが、お得意様なのでしぶしぶと快く引き受けました。

とりあえず調べてみたら良さげなプラグインを見つけたので紹介します。

WordPressのプラグイン「WP User Frontend」

WEBサイト上に誰でも投稿可能なフォームを作成するWordPressプラグイン。
テキストはもちろん、画像のアップロードも可能。
しかもカスタム投稿タイプやカスタムフィールドにも対応しています。やったぜ。

WP User Frontendの使い方

新規プラグインから「WP User Frontend」で検索すれば出てきます。

インストールしたら、管理メニューにUser Frontendが追加されているので「Post Forms」からフォームを作成できます。
テンプレートからフォームを選ぶことができるけど、どうせ変えるから適当でいいです。

右のフィールドからドラッグ&ドロップで簡単に追加できます。

テキスト、画像、ラジオボタンなどを設置でき、カスタムフィールドを作成する感覚と同じです。

動画などをアップロードしようと思ったら有料版が必要になりますが、基本的には無料で充分の機能です。

 

ログインしていないユーザーでも投稿できるようにするには「Settings」タブを開いて「Enable Guest Post」にチェックを入れればOK。

後は作成した投稿フォームのショートコードを表示させたいページに貼り付けて完了。

カスタムフィールドを簡単に作成できるプラグイン「Advanced Custom Fields」にも対応しているので、工夫すればフォームからの投稿を綺麗なデザインで表示することもできます。

セキュリティには注意しましょう

WordPressにログインせずに投稿って…リスクがあるんじゃないのか?…と当たり前の疑問があると思いますが、もちろんそれなりにリスクはあります

厄介な点としては、投稿フォームで画像を選択した時点でWordPressにアップロードされているので、何度も選択しなおすだけでどんどん画像がサーバーにアップされてしまいます。色々と悪用される可能性はあるので注意。

外部には絶対に公開せず、あくまで内部の関係者だけで投稿するフォームとして使ったほうがいいです。

今回のクライアントは社内で利用するため、URLを知っている人のみが投稿でき、下書きで保存する設定にしました。
最後に管理者が内容を確認して下書きを公開に変更…という流れ。
管理者としてログインできるのは社内で1人にしておきたかったそうです。
すごく便利なプラグインだけど…多分めったに使わない。
できれば面倒でも毎回ログインして投稿してもらったほうが安全なんですけどね…

間違っても検索エンジンに登録されないように「noindex」にしておきましょう。







関連記事

Microsoft Edgeを使うメリットはあるのだろうか

Microsoft Edgeとは Internet Explorerに代わり、Windows10で登場した標準ブラウザ。 新機能が追加され、IEと比べると読み込み速度の高速化・セキュリティの強化が行わ …

WordPress5.0へのアップデートはまだ待ったほうがよさそう

2018年12月6日にWordPressの最新バージョン5.0がリリースされました。 今回のメジャーアップデートはエディターが新しいものに変わるということで、注目していた人も多いと思いますが… やっぱ …

有料SSLと無料SSLの違いが少ないのでLet’s Encryptに乗り換えた話

最近は当たり前になってきているWEBサイトの常時SSL化。 今まで会社で作ったWEBサイトは「ラピッドSSL」を導入するサイトがほとんどでした。 だけど無料のLet’s Encryptが最 …

Dreamweaver CCのCSSクイック編集が便利すぎた件

最近、以前Dreamweaverで作成した静的なHTMLのサイトを更新する機会があったので久々にDreamweaverを使いました。 Adobeに登録しているのでバージョンはDreamweaver C …

新人のWEBデザイナーはまずProgateで勉強しよう

未経験で入社した新人WEBデザイナーへの教育で、HTML・CSSの基本から教えるのめんどくさいな〜まずは本を読んでもらおうかな…と悩んでいたとき、思い出した。 オンラインの学習サービス「Progate …

この記事をシェアする