ゲームやWEB関係がメイン。まとまりのない雑記ブログ

WEB関係

1つのメールアドレスでWordPressに複数ユーザーを作成する方法

更新日:

仕事でクライアントから50人以上のユーザーを登録しなくてはならないサイト制作を依頼されました。

複数の店舗がそのサイトにそれぞれの情報を登録していくタイプのWEBサイトですね。

しかし、WordPressのユーザー登録の際にはユーザー毎にメールアドレスが必要であり、なぜか重複が許されていないのです。

50人全員分のメールアドレスなんて用意できるはずもなく、なんとかならないかと調べてみたら1つのメールアドレスで何人も登録できるWordPressプラグインを見つけました。

プラグインの新規追加から検索「Allow Multiple Accounts」で出てくると思います。

出てこなければ公式サイトからダウンロードしてください。

Allow Multiple Accounts

Allow Multiple Accountsの使い方

有効化したら、管理画面の「ユーザー」に「Multiple Accounts」の項目が追加されます。

使い方は極めて簡単。

プラグインを有効化したら、設定画面から「Allow multiple accounts for everyone?」にチェックを入れて保存するだけ!

これでユーザー作成の際に同じメールアドレスを使い回せます。
ほんとにこれだけで設定完了なので簡単です。

ちなみに「Account limit」はユーザー登録数の上限設定。
「Multi-account email addresses」は登録を許可するメールアドレスの設定です。
基本出番はありませんが、他に管理ユーザーがいて、勝手に登録してほしくない場合には入力しましょう。

設定が終わったら、ユーザーの登録で既に登録済みのメールアドレスを入力しても警告が出てこなくなっているかと思いますので、同じアドレスでどんどん登録できます。



まとめ

それぞれ個別のメールアドレスを設定しているとユーザーが自分でパスワードを変更できるというメリットはありますが…勝手に超単純なパスワードに変えてログインを突破されてしまったり、あげくの果てには自分で変えておいて「パスワード忘れたから教えて!」と言ってくるクライアントもいるので、製作者にとってはデメリットのほうが多い気がします。

運用方法によってはそれもありかもしれせんが、ユーザーが変更した安易なパスワードが流出した際のリスクが大きすぎます。
そもそもメールアドレスをもっていないユーザーもいたりします。

WordPressに複数ユーザーを登録する際は、もれなくAllow Multiple Accountsをインストールしています。正直、WordPressのデフォルトであってもいいくらいの機能だと思います。

ちなみに…複数の店舗で管理する場合、ログインすらさせずに記事を投稿させる方法もあります。

簡単な記事オンリーの場合は、下記の方法で管理するやり方もあります。

この方法ならログインIDとパスワードを教える必要さえなくなりますが、URLさえ知っていれば誰でも投稿できてしまうので、URLにパスワードは設定しておいたほうが安全です。







関連記事

有料SSLと無料SSLの違いが少ないのでLet’s Encryptに乗り換えた話

最近は当たり前になってきているWEBサイトの常時SSL化。 今まで会社で作ったWEBサイトは「ラピッドSSL」を導入するサイトがほとんどでした。 だけど無料のLet’s Encryptが最 …

Darkmode.jsでブログにダークモードを実装してみた

最近、ダークモードが流行っている気がします。 長時間スマホを使う人が増えたので、明るい色だと目が疲れるんですかね? このブログのカラーは白なんですが、ブログの機能としてダークモードを実装してみようかな …

簡単にサイトマップを作れる「PS Auto Sitemap」の使い方

サイトマップを自動生成してくれるWordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」。 一度設定すればあとは自動で記事を追加してくれるので、初心者だけでなく、WEB制作者もよく使っているプラ …

WordPressの記事複製プラグイン「Duplicate Post」が便利すぎた。

仕事でWordPressを使っていると更新作業の時、全く同じ記事を複製する場面があります。 WordPressでWEB制作している人なら恐らく経験があるんじゃないかと思います。 わざわざ新規ページを作 …

Atomのactivate power modeを使ってドヤる

Webデザイナーがコーディングするためには欠かせないエディタ。 同じ社内でも人によって使っているエディタが全然違う場合もあるでしょう。 社員A コーディングするならやはりDreamweaverです。 …

この記事をシェアする