ゲーム大好きWEBデザイナーの雑記ブログ

WEB関係

WordPressで勝手に設定されるロゴのファビコンを消す方法

投稿日:

WordPressの最新バージョンをインストールすると、勝手にWordPressのロゴがファビコンに表示されるようになりました。

↓こんな感じです…。

 

勝手にファビってんじゃねぇよ…。

どうやらWordPressのバージョン5.4からデフォルトで表示される仕様らしいです。

管理画面から簡単に消すこともできないという、残念な仕様。

この圧倒的ムダ機能…いったい誰が得するの?(笑)

フォルクスワーゲンのロゴと勘違いする人がいるかもしれないだろ!

…ということで、自動的に設定されるWordPressのファビコンを消す方法を2パターン紹介します。

プラグインで対応する

初心者向け。とっても簡単です。

「WP Favicon Remover」というWordPressのプラグインをインストールし、有効化するだけ。

下記のサイトからダウンロード。

または、管理画面から「WP Favicon Remover」で検索しても出てきます。

これが一番早いと思います。

fanctions.phpにコードを追加

いやいや、こんなことでプラグイン使いたくないよ…という人はこっち。

fanctions.phpにコードを追加します。

function favicon_nothankyou(){
exit;
}
add_action("do_faviconico", "favicon_nothankyou");

↑のコードをfanctions.phpに追加すればファビコンを消すことができます。

シンプルなコードなので、fanctions.phpを編集できる人ならプラグインよりこっちの方法が良いと思います。

まとめ

どうせサイトにファビコン設定するんだから問題ない…という人のほうが多いとは思いますが、

まれにファビコンを設定しない場合もあると思うので…。

 

そもそもファビコン無しのサイトより、WordPressのファビコンが付いたサイトのほうが絶対に違和感がありますよね。

いやー、本当に誰も得しない無駄機能だと思うんですけど。

何を考えて実装したのか謎ですね。

「今どき、ファビコンを設定しないのはナンセンスやで」というWordPressからの警告なのでしょうか…。







この記事をシェアする

関連記事

Microsoft Edgeを使うメリットはあるのだろうか

Microsoft Edgeとは Internet Explorerに代わり、Windows10で登場した標準ブラウザ。 新機能が追加され、IEと比べると読み込み速度の高速化・セキュリティの強化が行わ …

簡単にサイトマップを作れる「PS Auto Sitemap」の使い方

サイトマップを自動生成してくれるWordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」。 一度設定すればあとは自動で記事を追加してくれるので、初心者だけでなく、WEB制作者もよく使っているプラ …

WordPress5.0へのアップデートはまだ待ったほうがよさそう

2018年12月6日にWordPressの最新バージョン5.0がリリースされました。 今回のメジャーアップデートはエディターが新しいものに変わるということで、注目していた人も多いと思いますが… やっぱ …

WordPressの記事複製プラグイン「Duplicate Post」が便利すぎた。

仕事でWordPressを使っていると更新作業の時、全く同じ記事を複製する場面があります。 WordPressでWEB制作している人なら恐らく経験があるんじゃないかと思います。 わざわざ新規ページを作 …

ワイヤーフレームを作るならAdobe Compが超実用的【iPad・スマホ】

最近iPad Proを買ってから、ワイヤーフレームはずっとAdobe Compで作っています。便利すぎる。 Webサイトの制作を進める工程で、デザイン、コーディング、システム制作などがありますが、序盤 …


コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA