超雑記

今度は「ゆうちょ銀行」の不正ログインを偽った詐欺メールが届いた

ゆうちょ銀行(?)から怖いメールが届きました。

件名は「ゆうちょ銀行からのご連絡」で、内容を簡単に言うと「あんた、不正ログインされてるよ!」といった感じ。

実は、2週間くらい前にゆうちょダイレクトに登録したばっかりだったんですよ。

「マジか、こりゃマズい」と、ちょっと焦ってメールの内容↓をよく見てみる…

かなりそれっぽい文章ですが…つまり「対策方法はこのURLに書いてるから見てね」ということですね。

あっ…(察し)



どう見ても詐欺です

分かる人が見れば、どう見てもURLが怪しすぎますね。

差出人のメールアドレスを確認しましたが、どう見てもゆうちょ銀行とは関係ないアドレスで、120%詐欺確定です。

先日、Amazonの詐欺メールの記事を書いたばかりだぞ…。

しかし今回のゆうちょはタイミングが良すぎてびっくりしました。

マジで2週間前に登録したばっかりで、恐ろしくドンピシャなメール…俺でなきゃ見逃しちゃうね。

ゆうちょダイレクトを実際に使っている人なら分かると思うけど、第三者の不正ログインはまず不可能なくらい厳重なので、冷静に考えたら真っ先に詐欺を疑います。

ただ、このメールの内容だと、リテラシーの低い人は騙されてしまうんでしょうね…。銀行を装ってるあたり、非常に悪質。

不安な人はフィッシング詐欺対策ができるセキュリティソフトを導入しておきましょう。

Amazonの詐欺メール記事でも書きましたが、フィッシングのブロック率が圧倒的に高いアバストがかなりオススメです。

巧妙なフィッシングでもサクッと防いでくれます。

URLへ誘導するメールはまず疑う

セキュリティソフトでの対策も重要ですが、安易に怪しいURLをクリックしないことを徹底しましょう。

「緊急」や「重要」が件名に入っているメールは真っ先に疑うべきメールです。

もちろん本物もあるので、とりあえずチェックする項目としては

  • 差出人のメールアドレス
  • メール本文のURL
  • メールの件名でSNS検索

大抵同じタイミングで複数人に送信されるので、メールを見て自分で判断出来なければSNSで調べるのが手っ取り早いです。

…と、ここまで書いて思ったけどそもそもリテラシーが低い人はこの記事を見てないから意味ないよなぁ…(;^ω^)

検索からこの記事にたどり着いている人は、そもそもリテラシーの高い人なので問題ないという。

こういったネットでの詐欺の手口をテレビなんかで取り上げて、リテラシーの低い人にも認知させれば少しは詐欺も減るのに…と思う今日この頃。

1
「気づいたら強くなってるRPG」という斬新なキャッチコピーアプリ、アカシッククロニクルをやってみました。 超簡単に言うとゲーム内容は「放置ゲー」です。 放置ゲーはいくつかやったことがありますが、 僕自 ...

-超雑記

Copyright © ERA BLOG , All Rights Reserved.