おすすめ商品

【AirPods超え】ソニーのイヤホンWF-1000XM4が最強すぎた件【レビュー】

ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」を買いました。

すでに優秀なイヤホン「AirPods Pro」を持っていたんですが…

Androidだと「AirPods Pro」のアプデや便利な機能が使えない!

ということで、スマホがAndroidなら「WF-1000XM4」のほうが便利だよな…と思い購入。

で、早速「WF-1000XM4」を使ってみた結論ですが…

「AirPods Pro」を超えました。

買う前は「AirPods Pro」と同等くらいだろうと思っていたんですが…期待を超えてきましたね。

実際に使ってみた「WF-1000XM4」と「AirPods Pro」を比較しながら感想を書いていきます。

イヤホンの見た目

「WF-1000XM4」の勝ち!

見た目は圧倒的にカッコいいですね。

やっぱ男ならブラックでしょ(小並感)

「AirPods Pro」は白カラーしかありませんが、「WF-1000XM4」は白と黒のカラーがあります。

ケースの質感もマットで、ツルツルケースよりも個人的には好みです。

「AirPods Pro」の見た目も、別に嫌いではないんですが…なんかスタイリッシュさに欠けるといいますか…

「ポケモンのマダツボミにか見えない」とか言われてますからね(笑)

 

(AirPodsのケースもスマートなんですが…うーん、これは僕が入れた刻印が悪いのか?)

「WF-1000XM4」はちょっとサイズが大きいので、

耳が痛くならないか?…と心配でしたが、問題ありませんでした。

Amazonでよく売ってるワイヤレスイヤホンと同じくらいの大きさですが、しっかり耳にもフィットして装着性もバツグンです。

ただし、長時間の使用・着脱のしやすさは「AirPods Pro」に軍配が上がります。

「WF-1000XM4」はしっかりフィットしてるぶん、ちょっと回転させながら耳から外す必要があります。

「AirPods Pro」はマダツボミツマミを掴んでポンッと外せる軽さが便利なんですよね。

ノイズキャンセリング性能の比較

最強だと感じた一番の要因はコレ。

圧倒的に「WF-1000XM4」のノイズキャンセリングが優秀です。

ネットで比較記事を調べると、どちらも大差ない(むしろAirPods Proのほうが優秀)という記事が多かったです。

恐らく、最近のアプデで「WF-1000XM4」の性能がアップしたんでしょうか?

「気のせいかも…?」「個人差かな…?」といったレベルではありません。

どう考えても明らかに「WF-1000XM4」が優秀でした。

もちろん、どちらも現時点(2022年4月)の最新バージョンです。

個人的な所感はこんな感じ…

AirPods Proの場合

  • 普通に優秀なノイズキャンセリング性能。
  • 目の前にいる人の声は普通に聞き取れる。
  • 大きめな雑音はそこそこ拾うので、ノイキャンONで町を歩いても問題なし。

WF-1000XM4の場合

  • ノイズキャンセリングをONにした瞬間、無が訪れる。
  • 目の前の人との会話も怪しいレベル。
  • マジで何も聞こえなくなるので、ノイキャンONのまま町を歩くのは危険。

仕事中に集中したい時、「AirPods Pro」だと拾ってしまう雑音も、「WF-1000XM4」なら完全にシャットアウトしてくれます。

これぞ、僕が本当に求めていたノイズキャンセリング性能。

今までは会社のデスクワークで「AirPods Pro」を使用していましたが、完全に「WF-1000XM4」へ乗り換えました。

「他人の電話」「コピー機の騒音」「うるさい上司」などの音は全く気にならなくなりました。

もう周りの雑音にイライラさせられることはない。

これだけで「WF-1000XM4」を買った価値がありました。

外音取り込み性能の比較

「WF-1000XM4」のほうが若干クリアに聞こえる気がしますが…

外音取り込みについては、そこまで違いはありませんでした。

外音取り込みとノイズキャンセリングの切り替えも「AirPods Pro」と同じくワンタッチでスムーズに切り替えできます。

まぁ、どっちも優秀ですね。

音質の比較

音質にはあまりこだわらないタイプなので、あまり参考にはならないかもですが…

ワイヤレスイヤホンとしては、どちらもトップレベルに音質が良いです。

強いて言うなら「WF-1000XM4」のほうが迫力あるサウンドが楽しめるかな…?

「AirPods Pro」よりも密閉感があるので、よりサウンドが響く印象です。

音質に関しても、どちらを選んでも間違いないです。

バッテリー性能の比較

これは「WF-1000XM4」が圧勝です。

「AirPods Pro」のバッテリー持ちは4.5時間程度。

対する「WF-1000XM4」のバッテリー持ちはなんと約10時間。

Type-cケーブルでの充電はもちろん、ワイヤレス充電にも対応しています。

設定によってバッテリー消費の速度が変わりますが、それでも余裕で8時間くらいは持ちます。

「AirPods Pro」と比べて、2倍もバッテリーが持つのはすごい!

…とはいえ、「AirPods Pro」のバッテリーが少ないと感じたことはありません。

どちらもケースに入れるだけで充電できることを考えれば、あまり重要なポイントではないかもですね。

あと、直接バッテリー性能とは関係ないですが「AirPods Pro」の充電ケーブルはサンダーボルトってだけでマイナスですね…。

Appleはいい加減Type-cで統一してくれ…。

WF-1000XM4はオプションが豊富

最後にもう1つ、「WF-1000XM4」が優れていると思ったのは、設定機能が多いところ。

「AirPods Pro」はAndroidだとサードパーティ製のアプリを使わないとカスタマイズできませんが、「WF-1000XM4」なら専用アプリを使ってカスタマイズできます。

自分が話し始めると自動的にノイズキャンセルを解除してくれる機能や、イコライザーを設定できたり。

イヤホンをタップしたときの動作や音声アシスタンスを設定できたりもします。

「AirPods Pro」も色々と設定できますが、専用アプリを使えば「WF-1000XM4」のほうがカスタム性が高いですね。

何時間イヤホンを装着してるかの時間まで見れたりと、専用アプリでできることが多いです。

Android・iPhone両方とも、この専用アプリを使うことができます。

まとめ:Androidなら「WF-1000XM4」で決まり

Android用のイヤホンとして購入しましたが、見事に期待を超えてくれました。

Android勢には迷わず「WF-1000XM4」をオススメします。

ケースから出した瞬間にペアリングされるので、使い勝手もバツグンです。

「AirPods Pro」の良いところをほぼ取り入れているイヤホンなので、

「iPhone勢だけどAirPods Pro持ってないよ」という人にもオススメできます。

とにかくノイズキャンセリングの性能が素晴らしすぎる…。

3年間使い続けた「AirPods Pro」もまだまだ現役なので、

iPadは「AirPods Pro」、スマホは「WF-1000XM4」で使い分けていこうと思います。



-おすすめ商品