ゲーム大好きWEBデザイナーの雑記ブログ

ゲーム

新型iPad Proで音ゲーをやってみた結果…

更新日:

iPadでは色々なアプリがありますが、僕はその中でも音ゲーをよくプレイしています。

最近の音ゲーアプリってもはやアーケード並みのクオリティなので、iPadがあればゲーマーでも楽しめます。

音ゲー目的で新型iPad Proを買ったわけではないのですが、せっかく新型iPad Proを買ったので大きい画面で音ゲーをやりたい!

ということで、購入済みの音ゲーを新型iPad Proに全てインストールしました。

今までずっとiPad mini4で音ゲーをやっていて、特に不満はなかったのですが、大きい画面のほうが精度が良くなると聞いて。

これは期待せざるをえない。

さっそく新型iPad proで音ゲーをやってみよう!!




11インチにアプリが対応してなかった

やらかした。

事前に情報を全く調べていなかったので、プレイしてから始めて気づきました。

インストールした大半の音ゲーがまだiPad Proの11インチに対応しておらず…。

音ゲーに限らず、まだ11インチが発売したばっかりなので未対応アプリが多いです。

未対応のアプリは画面いっぱいまで表示されず、左右に黒帯ができます。

徐々に11インチにも対応されていくと思いますが、現状だと画面いっぱいで表示されるゲームは少ない…。

黒帯があっても、iPad miniの画面に比べたら圧倒的に大きいですけどね。

 

追記】現時点(2019年8月)この記事で紹介しているゲームは全て11インチに対応しました!

一応最初は対応していなかったよ、ということで残しますが、この記事、もう読まなくていいです(笑)

 

以下、実際に音ゲーを新型iPad ProとiPad mini4でプレイしてみての個人的な感想。

Cytus II

僕が今いちばんハマっている音ゲーです。

黒帯は出ますが、これはiPad miniより圧倒的にやりやすくなりました。

このCytysⅡは押しっぱでのスライドが他の音ゲーに比べると少ないので大画面だとメリットしかなかった。

DEEMO

iPad miniと比べて特に変化なし。精度は取りやすくなった気がする。

元々、演奏画面がかなりシンプルなので、大画面でプレイしても特に感想はなし…。

11インチに対応したところでそこまで変わらない気がする。

Lanota

iPad miniだと高難易度譜面の密集地帯が絶望的に見づらかったんですが、iPad Proだと少し見えるようになりました。

まぁ、見えたところでクリアできませんがね。

このゲームシステムで11インチに対応させるのって結構難しいのではなかろうか…。

バンドリ! ガールズバンドパーティ!

アイドル系の音ゲーには興味がないので、ちょっとプレイして辞めようと思っていたんですが、最初のガチャでなんかすげー可愛い女の子を引き当てたんですよ。

この子↓

ちょっとテンション上がってやってみたら普通に音ゲーの出来も良くて楽しかった。

新曲が出たらちょくちょくプレイしています。

miniと比べてるとかなりやりやすいです。スマホの小さい画面だと演出切ってないとまともにプレイできないくらいゴチャゴチャしてますからね…

11インチ未対応ですが、演出が派手なのでぜひとも全画面に対応してほしいところ。

TAPSONIC TOP

たまーにやってた音ゲー。

これはiPad miniでやるほうがやりやすかったです。

画面が大きいと6本レーンでのスライドが思った以上にきつい…

多分もうやらない。





以上、11インチでプレイしてみた音ゲーでした。

結局、黒帯があっても快適に音ゲーをプレイできる新型iPad Proですが、できればやはり11インチの全画面でプレイしたいですね。

技術的にどれくらい難しいのか分からないけど、しばらくは対応されないかもしれませ……ん??

おや、この音ゲーはまさか……!!

 

新型iPad Proに対応した音ゲー発見!

Arcaea

端までちゃんと表示されている…!素晴らしい…!

新型iPad Proが発売して1ヵ月もしないうちに対応してくれてます。

現時点で手持ちの音ゲーアプリで11インチに対応しているのはこのゲームのみです。有能。

ちなみにiPad ProでArcaeaをやってみた結果…

曲によってはiPad mini4よりムズい\(^o^)/

タップは凄くやりやすくなりましたが、画面が大きくなったぶん、アークノートを上下左右に大きく動かさないと抜けてしまいます。

iPad mini4だと少し指をずらすだけのところも結構動かす必要がありました。

miniじゃないとキツイなーと思ってたんですが、1時間ほどプレイするとだいぶ慣れてきたので最終的にはiPad Proのほうがいいかも…?

【追記】Cytus2も11インチに対応

Cytus2の大型アプデ後、なんかいつもよりやりやすいな…と思ったらしれっと11インチに対応しました…最高です。

公式のアナウンスはなかったような気がするけど、これは嬉しい。

まとめ

現時点で11インチに対応しているのはArcaeaのみでしたが、おそらくこれから他のゲームも対応してくれるんじゃないかなーと思います。

特に音ゲーは画面のサイズによって、結構スコアに影響が出てくると思うので…。

反応に関してはiPad miniより優れていると思います。

どのゲームも判定は調整することなく、デフォルトで問題なくプレイできました。

やっぱり画面が大きいからなのか精度がとりやすいです。

とはいえ、音ゲー目的で購入する予定の人は自分が持っているアプリの対応が進むまで待ったほうがいいかもしれません。

ゲームをメインに楽しみたい人ならiPad mini4でも全然問題ありません。







この記事をシェアする

関連記事

D4DJ グルミクの曲がおっさんホイホイすぎてワロタ【感想・レビュー】

D4DJ Groovy Mix(グルミク)という音ゲーをやってみました。 アイドルゲーと見せかけて、かなり本格的な音ゲーです。 音ゲーマーなら楽しめること間違いなし! と言いたいところなんですが… こ …

【CoD:BO4】アサルトライフル最強武器はRAMPARTに1票!

まずBO4のアサルトライフル(AR)は弱い武器がなく全体的に高水準で、なかなか優遇されていると思います。 現時点(Var.1.04)で、アサルトライフル(AR)の最強候補として出てくるのは、「ICR- …

【CoD:BO4】新スペシャリスト「スペクター」が強すぎる件【修正不可避】

BO4に新しいスペシャリスト「スペクター(Spectre)」が登場しました。 BO3ではずっとメインで使ってきたスペシャリストなので、BO4にスペクター参戦と聞いて久々に起動しました。 久々すぎて武器 …

【無課金お断り?】FFBE幻影戦争のレビュー・感想「育成は楽しい」

スクエニの新作ソシャゲ「FFBE幻影戦争」をやってみました。 スクエニのソシャゲといえば「課金」が真っ先に頭に浮かんでくるんですが、FFT(ファイナルファンタジータクティクス)の思い出補正があるので、 …

太鼓の達人のPS4版がDLCで神ゲーになっていた「わら得る2000もあるよ」

PS4ソフト「太鼓の達人 セッションでドドンがドン!」は2017年10月に発売されたゲームです。 ニンテンドースイッチで最新作「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」も発売されていま …


コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA